Loading...
Loading...

メンタリスト シーズン4

メンタリスト シーズン4

放送予定

2024/07/29 (月) 10:00
第1話 緋色のリボン (原題: SCARLET RIBBONS) [新][二]
2024/07/29 (月) 11:00
第2話 赤い手帳 (原題: LITTLE RED BOOK) [二]
2024/07/29 (月) 18:00
第1話 緋色のリボン (原題: SCARLET RIBBONS) [新][字]
2024/07/29 (月) 19:00
第2話 赤い手帳 (原題: LITTLE RED BOOK) [字]
2024/07/30 (火) 10:00
第3話 赤いバルーン (原題: PRETTY RED BALLOON) [二]

イントロダクション

人間心理を巧みに操る“メンタリスト”、パトリック・ジェーンが、CBI(カリフォルニア州捜査局)の捜査コンサルタントとして活躍する大ヒット犯罪捜査ドラマ。


米カリフォルニア州を管轄とし、各地で凶悪犯罪の捜査にあたるCBI(カリフォルニア州捜査局)。捜査チームを率いる女性捜査官リズボンは、“メンタリスト”と呼ばれる男、パトリック・ジェーンを捜査コンサルタントに招く。卓抜した観察力、洞察力、推理力に加え、人の心を操る心理術も持つ彼は、その能力を犯罪捜査に発揮する。しかし、ジェーンには殺人鬼“レッド・ジョン”によって妻子を虐殺された忌まわしい過去があった。数々の難事件を手早く解決していく裏で、レッド・ジョンの影を追うが…。

シーズン4では…

ついにレッド・ジョンを名乗る人物と対峙し、復讐を果たしたジェーン。一度は解決したかに見えたレッド・ジョン事件だが、いまだ連続殺人は続き、犯行現場の壁にはスマイルマークが。ジェーンと対峙した男は、やはりレッド・ジョンではなかったのか? そして家族を失った事件から8年目のある日、ジェーンに恐ろしいメッセージが届く…。

続きを読む

キャスト

【パトリック・ジェーン】サイモン・ベイカー (郷田ほづみ)
【テレサ・リズボン 】 ロビン・タニー (加納千秋)
【ウェイン・リグスビー 】 オーウェン・イオマン (江川央生)
【キンブル・チョウ 】ティム・カン (喜山茂雄)
【グレース・ヴァンペルト 】 アマンダ・リゲッティ (斉藤佑圭)

エピソード

  1. 生涯最大の敵、レッド・ジョンを撃ち殺し、刑務所に入れられたパトリック・ジェーン。だが、ジェーンが殺した男は、本当に謎に満ちた恐ろしい連続殺人鬼、レッド・ジョンだったのか?という疑いが浮上する。一方、フィアンセだったクレイグ・オロフリンを亡くしてから深い悲しみに沈んでいるヴァンペルトを見かね、リズボンはカウンセリングを受けるよう勧める。

  2. 部下のジェーンがレッド・ジョンと名乗る男を殺害したことで責任を問われ、停職処分中のリズボン。コンサルタントとして、すでに新しいCBIチームに復帰しているジェーンは、そんなリズボンをCBIに呼び戻すために、ジムのトレーナー殺しを元のメンバーだけで突き止めようと奮闘する。

  3. 9歳のコナー少年が誘拐され、母親のベスは、ジェーンとCBIに捜査を依頼する。ベスはジェーンが霊能者として活動していた頃の顧客で、“霊視能力”を使って息子を見つけてほしいとジェーンに迫り、彼を戸惑わせる。そんな中、ジェーンはベスの新しい“霊的アドバイザー”と衝突することになる。

  4. ジェーンは、ある政治集会で不審な目つきの男が、銃を携帯してうろついているのを発見する。男が変質者で、今にも殺人を犯そうとしていると察知したジェーンは、すぐに男のもとへ駆け寄っていく。一方、リズボンも、殺害されたフォトグラファーの捜査で、同じ集会に駆けつけていた。

  5. カリフォルニア州沖に浮かぶ島のビーチに女性の遺体が打ち上げられる。ジェーンとCBIチームは捜査のため、楽園のようなその島にやって来る。だが、遺体は他殺体であり、犯人が島に住む変わり者のグループの中にいることをジェーンが突き止めると、メンバーの気持ちはしだいに沈んでゆく。一方、リグスビーは、公選弁護人と自分の関係についてヴァンペルトに言えずにいた。

  6. カリフォルニア州のある観光都市で警察署長の遺体が発見される。CBIチームは犯人を突き止めるため、署長の自宅を捜査しに行くが、そこには家の中を探る先客がいた。保釈中に失踪した被告を追跡する賞金稼ぎ。驚いたことに、それはリズボンの実の弟、トミーだった。

  7. 連続殺人犯によるむごたらしい事件が起き、新たな少女が犠牲者となる。ジェーンはレッド・ジョンに殺された自分の娘のことを思い出さずにはいられない。そんな中、ジェーンはある事件記者に出会う。その連続殺人事件を最初から追い続け、調査に一生を捧げるとまで言う彼にジェーンが近づくと、意外な事実が明らかになる。

  8. ナイトクラブの外で女性が殺される。すぐに現場へ駆けつけた刑事は「地元のクラブ通いの女が麻薬の売人に撃たれたのだ」と決めつけるが、疑問を感じたジェーンが調べると、彼女は売人を追っていた覆面麻薬捜査官だった。CBIチームは彼女が捜査した過程を再びたどる。

  9. クォーターバックの元スター選手、ドクは、現在サクラメントでバーを経営している。ある日、バーを出て乗り込もうとした彼の車が何者かによって爆破される。誰からも愛されていたドクだが、彼を憎んでいた人物もいたはずだ、と捜査を開始するジェーン。だが、車の爆破をたくらんだ人物はなかなか挙がらない。そんな中、リグスビーは、サラ・ハリガンとの関係を深めようとしていた。

  10. むごたらしい姿をした消防士の遺体が、森の中で発見され、ジェーンは殺人犯の捜査に乗り出す。だが、犯人が使った武器を捜していたジェーンは、池の近くで突然何者かに襲われ、溺死しそうになる。リズボンに発見され、救急隊員によって命は取り留めたジェーン。だがベッドの上で目覚めたジェーンは、一時的に記憶を失い、CBIで働く前のニセ霊能者に戻っていた。

  11. 命を狙われているという連絡が、高所得者相手の離婚弁護士からCBIに入り、ジェーンとリズボンとチョウは、弁護士が乗っているスピードボートに向かう。だが、3人がボートのすぐ近くまで来た時、突然そのボートが爆発する。多くの敵がいた離婚弁護士の殺害…。膨大なリストの中から容疑者を絞り込みながら、ジェーンの中で、レッド・ジョンに対する新たな疑問が湧き起こっていた。

  12. ギャングのボスの息子がパーティーのさなか、浴槽で死亡する。ジェーンとCBIチームのメンバーは捜査を開始するが、証拠品はほんのわずかだった。そんな中、ヴァンペルトは、現場にいた目撃者に会い質問を重ねていた。だが、彼女の脳裏には、FBI捜査官、クレイグ・オロフリンの思い出と、彼を撃った時の映像が鮮明に蘇り、彼女を苦しめていた。

  13. ファッション界へのカムバックを目前にしていたファッション・デザイナーが殺害され、ジェーンとCBIチームは捜査を開始する。一方、FBI捜査官のスーザンは、ジェーンが殺したのが本物のレッド・ジョンだとは未だに信じられず、独自にレッド・ジョン捜しを進める。だが、ジェーンは、自分が殺したのが本物のレッド・ジョンだといつまでも言い張るのだった。

  14. イヴという女性が、ダンスのインストラクターであり恋人でもあるカルロスを殺害した容疑で有罪判決を受けようとしている。だが、何かがおかしい、イヴは犯人ではない、と確信するジェーンは、CBIチームに協力を要請する。しかし、イヴの無罪を証明し陪審員たちを説得するために、CBIのメンバーたちに残された時間は、あとわずかしかなかった。

  15. 慈善団体で働いていたナタリーが殺される。そして、今刑務所にいるエリカがジェーンに取引を持ちかける。エリカはナタリーを知っていて、一時釈放と引き換えに、殺人犯の捜査に有用な情報をジェーンに教えると言う。結果、ジェーンはエリカに助けられ犯人を突き止めることに成功する。一方、リグスビーとサラは、親になる日を間近にし、期待と不安で胸をいっぱいにしていた。

  16. カルト反対運動団体のトップが殺害され、カルト集団“ビジュアライズ”のカリスマ的リーダー、ブレット・スタイルズに疑いがかかる。ジェーンは、過去の事件で関わったスタイルズと久しぶりに再会したが、犯人はスタイルズではないと確信する。ジェーンが密かに“ビジュアライズ”内部の調査を始めると、意外な事実が次々と明らかになってゆく。

  17. FBI捜査官のスーザン・ダーシーから、殺人事件の調査に協力してくれるよう、ジェーンに要請がくる。だが、ダーシーの要請には隠された目的があることをジェーンは察知する。そんな中、若い女性が、オンライン・チャットルームで知り合った誰かと会った直後に殺されるという事件が起き、ジェーンは、犯人がチャットルームの“誰か”ではないことを確信する。

  18. 癌のステージ4と診断されていた裕福なセールスマンが、何者かに殺害される。ジェーンとCBIチームは、事件を解決するためにまず犯人像を絞り込もうとするが、捜査は非常に難航する。一方、チョウは、ある日遅刻をした上、鎮痛剤を飲んだせいで居眠りをするという失態を演ずる。そしてチョウは、リズボンに“あること”を告白すべきかどうかで悩んでいた。

  19. カジノの元従業員が殺され、車の外に放り出された姿で見つかった。ジェーンは、車にもう一人の乗客がいたことを確信する。ジェーンは、その事件の捜査中に、ステージ・マジシャンをしている旧友のジャックと再会する。彼とは“霊能者”だった頃一緒にツアーに回った仲だ。だが、ジェーンは、ジャックがショッキングな秘密を隠していることを知り、衝撃を受ける。

  20. 野球場で高校教師の遺体が発見される。人気の英語教師がなぜ殺されたのか、ジェーンとCBIチームには犯人の動機がつかめず捜査は難航する。そんな中、リグスビーはサラが2人にとって初めての子どもを産む日をひかえ、落ち着かない様子だ。一方、チョウは、サマーとの関係について、リズボンにはもう少し隠しておこうとする。

  21. 女装した男たちのショーが売り物のキャバレーの外に、若い男性の焼死体が発見される。ジェーンとCBIチームが殺人犯を突き止めようと奔走する中、なぜか容疑者のリストが見つかる。そして、リストに載っている人物すべてが被害者をいじめていた事実が明らかになる。ジェーンは、この事件が他殺ではないという独自の推測を基に、密かに捜査を開始する。

  22. サーファーの遺体がビーチに上がるが、そばにサーフボートは見あたらない。リズボンは、その事件を捜査中、10年ぶりくらいに元フィアンセのグレッグと彼の妻にばったり出会う。リズボンはその後、隠されていた被害者のサーフボートを発見、そのサーフボートの指紋を拭き取ろうとしている人物も目撃する。一方、チョウは、サマーとの関係を見直そうとしていた。

  23. 妻と娘の死からちょうど8年目のその日、ジェーンはレッド・ジョンから恐ろしいメッセージを受け取る。激しく動揺したジェーンは、現在進めている事件の捜査中に奇異な行動を取り、CBIにおける地位さえも危うくしてしまう。リズボンたちの心配をよそに、ジェーンは、レッド・ジョンに対して、ある決断を下そうとする。

  24. レッド・ジョンとの対決にまたしても敗れ、どん底まで落ち込んだジェーンは、ラスベガスのクラブで今日も酔っ払っている。だが、そんな情けないジェーンをいたわってくれる新しい恋人が現れる。一方、ジェーンが去ってからそろそろ半年になるCBIでは、未解決の事件が少しずつ増えていた。そんな中、ジェーンをCBIに戻そうとリズボンがボスに提案。その矢先、ジェーンがある事件を起こす。

シーズン