Loading...
Loading...

クリミナル・マインド / FBI vs. 異常犯罪 エボリューション シーズン16

クリミナル・マインド / FBI vs. 異常犯罪 エボリューション シーズン16

放送予定

2024/07/16 (火) 23:00
第7話 選択のとき (原題: What Doesn't Kill Us...) [字]
2024/07/21 (日) 05:05
第7話 選択のとき (原題: What Doesn't Kill Us...) [字]
2024/07/22 (月) 22:00
第8話 語られぬ言葉 (原題: Forget Me Knots) [二]
2024/07/23 (火) 23:00
第8話 語られぬ言葉 (原題: Forget Me Knots) [字]
2024/07/28 (日) 05:05
第8話 語られぬ言葉 (原題: Forget Me Knots) [字]

イントロダクション

FBIに実在するエリート・プロファイラー集団“BAU”が再び集結。その一流のプロファイリングでシリアルキラーに挑む。復活した大ヒットロングラン・サスペンスドラマのシーズン16。


2005~2020年に放送され、15シーズン続いた大ヒットサスペンスシリーズがここに復活! 再び集結したFBI(米国連邦捜査局)に実在するエリート・プロファイラー集団“行動分析課”、通称BAU(the Behavioral Analysis Unit)の活躍を描く。自らの欲望を満たすため殺人を繰り返すシリアル・キラーに立ち向かい、犯行現場の様子や証拠から犯人像をメンバーそれぞれが得意とするプロファイリング方法で難事件を解明、犯行を阻止する。

<シーズン16では…>
シーズン15から3年。昇進してBAU以外のチームも見るプレンティス、妻を亡くし自暴自棄な生活を送るロッシ…、さまざまな状況からチームの結束力が揺らいでいたBAUだが、それぞれが追っていた事件から共通の証拠が発見される。その証拠を追っていくと、パンデミックの最中に拡大した殺人ネットワークの存在が明らかに。果たしてBAUのメンバーたちは巧みに姿を隠す殺人ネットワークの首謀者である“シカリウス”にたどり着くことはできるのか。

続きを読む

見どころ

#10「脱出」より1
#10「脱出」より

最愛の妻、クリスタルを失ったロッシは立ち直ることができるのか…

前シーズンでクリスタルと結婚し、幸せを掴んだはずのロッシだったが、シーズン16のスタートでクリスタルの姿はなく、ロッシは自暴自棄な生活を送っていた。実はクリスタルは1年ほど前に亡くなっていたのだった。その悲しみを受け入れられず捜査にも支障が出ていたが、追い続けていた犯人と対峙することで自分を取り戻していくロッシ。徐々に明らかになるクリスタルの死と、ロッシの彼女への想いがパンデミックを経験した人々の心を大きく揺さぶるストーリーになった。

#2「殺人ネットワーク」より2
#2「殺人ネットワーク」より

パンデミックで拡大した殺人ネットワークに翻弄されるBAU

パンデミックの渦中で行動を制限されたのはシリアルキラーも同じだった。街がロックダウンされるなか、欲望を押さえられない殺人願望を持つ者たちが、1人のシリアルキラーの主導でインターネット上で繋がり、アメリカ全土に広がる殺人ネットワークを作っていた。その首謀者であるシカリウスが、まだ殺人を犯した事の無かった犯人たちに“殺人キット”と殺人方法を授け、各地で殺人事件が次々に起こる。シカリウスの正体をつかんだBAUだが、シカリウスは暗号技術に長けており、ガルシアですら先手を取られてしまい…。この史上最悪のシリアルキラーとBAUの闘いがシーズンを通して描かれ、危機迫った結末を迎える。

#10「脱出」より3
#10「脱出」より

多忙なJJが家族と向き合う時

新しい職務が増え、今までにも増して多忙を極めるJJ。家族を愛しているものの、仕事に忙殺される日々のなかで、夫ウィル(演:ジョシュ・スチュワート)との接し方に悩んでいた。そんなある日、ウィルが癌を疑われ精密検査を受けることに。
ショックを受けるJJだったが、これを機に家族と改めて向き合うことに。今シーズンでウィル役のジョシュ・スチュワートが降板となり、その最後の出演となる最終回では、夫婦でシリアルキラーを追う姿が描かれる。信頼しあっていてもすれ違うウィルとJJが出す答えとは…。

キャスト

【デヴィッド・ロッシ】ジョー・マンテーニャ(菅生隆之)
【エミリー・プレンティス】パジェット・ブリュースター(深見梨加)
【ジェニファー・ジャロウ】A・J・クック(園崎未恵)
【ペネロープ・ガルシア】カーステン・ヴァングスネス(斉藤貴美子)
【ルーク・アルヴェス】アダム・ロドリゲス(阪口周平)
【タラ・ルイス】アイシャ・タイラー(塩田朋子)

エピソード

  1. ワシントン州で大量の他殺体が入ったコンテナが発見された。一方、ヴァージニア州では一家殺害事件が発生、メリーランド州では少女誘拐とその両親が殺害される事件が発生する。西海岸と東海岸で起きた事件は、思わぬ接点から大きな捜査へと繋がる。

  2. 脊髄を切断された男性の遺体が連続して見つかった。2人の共通点は人妻を相手にする出会い系アプリに登録していたこと、さらに前回の事件と細かい類似点があることが判明する。コンテナの事件の背後には2人の人物がいたのではないかと推測するロッシ。そんな中、BAUを離れたガルシアの元に一通のメールが届く。

  3. 殺人キットを手に入れた男を追うJJたち。あと一歩のところまで近づくが、警察官に追い詰められた犯人は自殺してしまう。ガルシアは、自殺した犯人たちの携帯電話から、中心人物”シカリウス”とのやり取りに使われているサイトを特定する。

  4. シカリウスの弟子と思われたタイラー・グリーンが、ある理由からネットワークに侵入していたことが分かる。BAUのリーダーを兼任することになったプレンティスは、グリーンからシカリウスの情報を引き出そうと、ガルシアを呼び出すのだが…。一方、JJは夫との関係を修復しようとしていた。

  5. 新人公務員の女性2人が殺害され、DCから160キロ離れたヴァージニア州で発見された。死因は絞殺だが、遺体には特徴的な噛み痕が残されており、何らかの儀式が行われた可能性が…。そして被害者の一人は、ベイリー副長官が政府職員専用のマッチングアプリで知り合った女性だった。一方、ガルシアはロッシに説得され、宿敵タイラーからシカリウスの情報を聞き出すことに。

  6. ベンジャミンの話を元にジョージア州に向かったJJとルークは、爆発に巻き込まれてしまう。幸い2人は無事だったが、BAUはシカリウスの捜査続行のために新たな証拠が必要となる。そんな中、爆発を免れた写真からマリア・ジョーンズという女性にたどり着くBAU。彼女は20年以上前に遺体で発見され、恋人が有罪となったが、チームはマリアの写真に映り込んだ時計の時刻が拉致された時刻とつじつまが合わないことに気づく。

  7. 司法長官にシカリウスの捜査続行を直訴するプレンティスとベイリー。だが根拠が弱いと突き返され、シカリウスに集中し過ぎたために取りこぼした事件を捜査し、まずは職務を全うできると証明するよう言われる。ウェストヴァージニア州の大学で起こったその事件は、遺体の状況から、犯人が旧約聖書になぞらえて実践していると推測された。そんな中、大学内で新たな行方不明者が出る。

  8. 防犯カメラの不鮮明な映像からシカリウスの行動を読み解こうとするロッシ。妻と2人の娘を残して家を出たヴォイトは、新居を探すふりをして不動産会社に務めるラモーナという女性に近づき、拉致する。BAUは、サイラスという男がシカリウスではないかと推測し捜査を進めていたが…。

  9. イライアス・ヴォイトの自宅を訪れ、彼の妻シドニーにヴォイトの画像を確認してもらおうとするロッシ。しかし、自宅玄関の映像をチェックしていたヴォイトは、シドニーに電話をして上手くロッシを帰すよう指示を出す。ヴォイトが怪しいと踏んだロッシは、シアトル支局からBAUメンバーに連絡し、彼の情報を集めるように言う。彼が身を隠す前に動かなければと急ぐのだが、電話を切ったロッシの元にヴォイトがやって来る。

  10. プレンティスがシカリウスの捜査再開を訴え、48時間の猶予が与えられた。自らシアトル支局に出向き、ロッシと対面したヴォイト。ロッシは慎重に会話を進めるが、彼がシカリウスだという確証は得られなかった。BAUはラモーナに協力を依頼するが、シカリウスへの恐怖から協力を拒んでいた。そこで、ガルシアはタイラーにヴォイトの写真を確認してもらうのだが…。

シーズン