Loading...
Loading...

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1

放送予定

2024/07/16 (火) 07:30
第5話 揺らぐ信仰 (原題: Til Death Do Us Part) [字]
2024/07/16 (火) 08:30
第6話 愛と憎しみ (原題: Let Loose The Dogs) [字]
2024/07/17 (水) 07:30
第7話 隠された動機 (原題: Body Double) [字]
2024/07/17 (水) 08:30
第8話 美貌の罠 (原題: Still Waters) [字]
2024/07/18 (木) 07:30
第9話 腹話術師の明と暗 (原題: Belly Speaker) [字]

イントロダクション

モーリーン・ジェニングスの小説「Murdoch Mysteries」が原作の本格ミステリー・ドラマが登場! 英国情緒にあふれる19世紀のイギリス連邦領内の自治領カナダ・トロントを舞台に、シャーロック・ホームズに心酔するトロント警察の刑事であるウィリアム・マードックが、指紋・血液・弾痕・解剖学などを使用した最先端の科学技術を駆使して数々の事件を解決していく。
検視官のジュリア・オグデン、警部のトーマス・ブラッケンリード、ミステリー作家を目指す熱心な巡査のジョージ・クラブツリーという仲間たちとともに、次々に訪れる難事件に挑む。華麗に事件を解決する一方で、シーズンを通して徐々に描かれるマードックの過去からも目が離せない!

2008年からカナダでシーズン1を放送開始し、カナダのエミー賞と呼ばれるジェミニ賞(現:カナダ・スクリーン賞)で史上最多14部門にノミネート。2022年にシーズン16が放送された、世界57カ国で愛されている大人気シリーズ。
19世紀を舞台にした科学捜査のシーンは懐かしくも感じるが、そのシンプルさゆえにキャラクターたちの人物像や謎解きの面白さ、そして事件の本質などストーリーの全体をじっくりと味わうことができる。マードックの世界で、上質な本格ミステリーにどっぷり浸かろう!

シーズン1 見どころ

#10「高慢の反抗」より1
#10「高慢の反抗」より

シャーロック・ホームズ+科学捜査+思いやりのある人柄=マードック!!

原作はカナダとイギリスにルーツを持ち、2011年に犯罪小説のパイオニアを称える「グラント・アレン賞」を受賞したモーリーン・ジェニングスの代表作「Murdoch Mysteries」。主人公のマードックは理化学に強く、血液・弾痕・指紋など、19世紀当時では最先端だった科学技術を駆使して捜査を行う。シャーロック・ホームズに魅せられているマードックは、まるでシャーロックのように頭脳明晰で知的なうえに、とても思いやりにあふれ被害者や遺族だけでなく容疑者や関係者にも気配りを忘れない。難事件が描かれる本作だが、本格的なミステリーや科学の描写はもちろん、マードックはじめ登場キャラクターたちも魅力的。そしてシリーズを通して描かれるマードックの過去とは…?

(左)#1 「欲望の犠牲」より (右)#4「死者からの伝言」より2
(左)#1 「欲望の犠牲」より (右)#4「死者からの伝言」より

歴史上の実在した人物たちが登場!

歴史上19世紀に実在した有名な人物たちが物語を盛り上げる!!
#1「欲望の犠牲」には交流発電を発明したニコラ・テスラ (演:ドミトリー・チェポヴェツキー、写真左) が登場。テスラはその発明が原因で容疑者になってしまう。そして#4「死者からの伝言」にはシャーロック・ホームズシリーズの作者でありマードックの憧れの存在、アーサー・コナン・ドイル (演:ジェラント・ウィン・デイヴィス、写真右) が登場し、その豊富な知識を使ってマードックにアドバイスをする。そのほかにも19世紀のイギリス王族のザクセン=コーブルク=ゴータ公世子、アルフレッド王子 (演:チャド・コネル) なども登場し、誰もが知っている世界に影響を与えた人物がマードックたちと共に活躍するエピソードに注目!!

#1 「欲望の犠牲」より3
#1 「欲望の犠牲」より

19世紀の時代感をたっぷり味わえる演出

舞台は英国情緒にあふれる19世紀のイギリス連邦領内の自治領カナダ・トロント。その独特な時代を描きだすのは、マードックが駆使する科学技術だけではなく華やかな衣装やセットはもちろん、登場人物の背景や生活の営みなど。変化していく時代のなかで、新たなものに挑戦する好奇心や戸惑いと同時に、それぞれが時代と向き合いながら事件に挑む物語は、懐かしくも新しい。19世紀は科学捜査や今なお愛される本格ミステリー作品が多く生みだされた時代。クライム・ドラマの原点のような世界観はワクワクすること間違いなし!

エピソード

  1. エピソード 第1話

    トロント警察のマードック刑事は、オグデン検視官と科学の実演ショーを訪れていた。
    ショーは交流発電の導入に反対する直流発電派のトロント電力ガ、交流発電の危険性を明らかにする目的で主催したものだった。
    だが、実演の最中に“ミス・トロント電力”のアリス・ハワード嬢が感電死してしまう。
    直流発電の技術者フォークスは、交流発電を発明したニコラが装置に細工したと主張するが、ハワード嬢が妊娠していたことが判明し…。

  2. エピソード 第2話

    警察会議でストックトン長官からその抜群の知識と推理力を見込まれたマードックは、警部職に応募することに。
    マードックとブラッケンリード警部が会議から戻ると署には全裸死体とメモが送りつけられていた。
    被害者はブラッケンリード警部と共に多くの犯罪者を刑務所送りにしてきた弁護士のパーシー・ポロック。
    医者で発明家のバーキンス医師の証言では、1週間前に馬車で町へ向かったそうだが、それを最後に行方不明になっていた。

  3. エピソード 第3話

    英国女王の誕生日の夜、ボクシングの試合が開催された。
    しかし試合後、勝者の黒人ボクサー、エイモス・ロビンソンがホテルの自室で銃殺されているのが発見される。
    遺体の状態から至近距離による発砲だった。エイモスの妻ファニーは犯行を否定するも死体の横で銃を持っていたという目撃証言から容疑者として拘束される。
    ファニーのドレスに付いていた血痕が飛び散っていないことに気づいたマードックはファニーは無実だと確信する。

  4. エピソード 第4話

    敬愛するシャーロック・ホームズの生みの親アーサー・コナン・ドイルとの初対面に、マードックは興奮していた。
    だが、ドイルに連れていかれたのは、霊媒師サラ・ペンソールを中心に開かれる降霊会だった。
    そこで“殺されて埋められた”と訴える女性の霊からの伝言をペンソールは受け取る。
    頭から信用しないマードックだったが、ドイルと共に死体が埋められているとされる場所へ向かうと、そこには女性の遺体が埋められていた。

  5. エピソード 第5話

    結婚式の直前、教会で新郎の遺体が発見された。被害者は地元の名家の次男ウェンデル・メリックで、身につけていた貴重品が盗まれていた。
    フランクス牧師の証言により、式の前に新郎付き添い人のローレンスがウェンデルと口論していたことがわかる。
    第一発見者である兄のトーマスによれば、ウェンデルは父親の遺言により結婚することが遺産相続の条件だった。

  6. エピソード 第6話

    パブの常連客ジョン・ディレイニーが店からの帰り道、何者かに襲われ命を落とした。
    警察が付近を捜索し泥酔状態の男を発見するが、その顔を見たマードックは言葉を失う。それはマードックが幼い頃に生き別れた父親ハリーだった。
    ハリーは賭博で大勝ちしたディレイニーのイカサマを疑い、パブで殴り合いになっていた。
    実父が容疑者であることからマードックは担当を外れることを望むが、代わりの刑事がいないため断られてしまう。

  7. エピソード 第7話

    ブラッケンリード警部が「マクベス」を観劇中、天井裏から死体が落ちてきた。
    マードックは天井裏で見つけた被害者のジャケットから、刺殺の痕跡と建設ラッシュに関する新聞の切り抜きを発見する。
    劇場主で主演女優のステラ・スマートや他の団員に尋ねるが誰もが心当たりはないと言う。だが見つかった入れ歯から、死体はステラの前夫バージル・スマートだと判明。
    しかしステラは前夫の死因は心臓発作であり埋葬したと主張する。

  8. エピソード 第8話

    複数のアザと傷のある死体が湖岸で発見された。王立ボートクラブのユニフォームを身にまとった死体の身元は、名門ハートレー家の息子リチャードだった。
    肺に水がたまっていたことから、オグデン検視官は溺死と断定。
    リチャードはボート競技の花形“エイト”のメンバーになったばかりで、前の晩はチームメイトが開催する歓迎会に参加していた。
    だがその後の行き先を知る者はいなかった。

  9. 妻の浮気に怒り心頭のポルクは浮気相手の部屋に怒鳴り込むが、そこで浮気相手であるグライムズビーの遺体を発見する。
    グライムズビーには一人息子ハーコートがいて、被害者の世話をしているとポルクはマードックに話す。
    そんな中現場に突然“奴はここにいる”という声が聞こえてくる。声のするクローゼットを開けるとそこには腹話術の人形と被害者の息子ハーコートがいた。

  10. エピソード 第10話

    ニカワ工場の敷地内で、経営者のハワード・ロックウッドが遺体で発見された。
    ロックウッドはイギリスの貧しい子供たちの就労を支援する施設ベイカー・ハウスに多額の寄付をするなど慈善家として知られていて、人から恨みを買うような人物ではなかった。
    現場の足跡と遺体の傷の位置から犯人は小柄な人物であることがわかる。
    マードックは工場で働く子供たちが事情を知っているとみて話を聞こうとするが警戒され逃げられてしまう。

  11. エピソード 第11話

    グレイソン脳科学研究所の創立者、フランシス・グラウト博士が胸に矢が刺さった状態で発見され、近くの岩に”WY“の文字が残されていた。
    署へ戻ったマードックは、博士の殺害を霊視したという霊能者サラから、犯人は黒い頭巾を被った死神のような姿だったと聞かされる。
    マードックは博士が担当していた3人の患者と出会う。3人とも事件前にグラウトに会っていないと話すが研究所内で黒頭巾を被った不審者を目撃していた。

  12. エピソード 第12話

    ビクトリア女王の孫アルフレッド王子がトロントを訪問、その警護をマードックらが担当することに。
    王子の補佐官ジェニングスは“ブラザーフッド”ことアイルランド共和主義同盟が王室の誰かを狙っているという情報を得たと警告する。
    同じ夜、公園でマギー・ギルパトリックの遺体が見つかるが、その指にはブラザーフッドの証である指輪がはめられていた。
    遺体の確認に来たマギーの父親は、肩の入れ墨が娘のものとは違うと主張する。

  13. エピソード 第13話

    谷あいの町ルージュ・バレーで木工職人ガストンの遺体が発見された。
    遺体は高い木に首を吊られた状態だったが、周囲には足跡一つ残っていなかった。
    捜査を開始したマードックはガストンの工房を訪れる。そこには天体図や奇妙な観測記録が残されていて、ガストンは火星に生命が存在すると考えていたことが伺えた。
    捜査が混迷する中、内臓を抜き取られた牛の死骸が新たに発見される。そして遂には2人目の犠牲者が…。

シーズン