Loading...
Loading...

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン5

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン5

放送予定

2024/03/09 (土) 11:30
第3話 長く曲がりくねった道 (原題: The Long and Winding Road) [字]
2024/03/09 (土) 12:30
第4話 新たな局面 (原題: Now What?) [字]
2024/03/13 (水) 05:00
第1話 パパ (原題: Da Da) [字]
2024/03/13 (水) 06:30
第2話 裏目に出た善意 (原題: No Good Deed) [字]
2024/03/14 (木) 05:00
第3話 長く曲がりくねった道 (原題: The Long and Winding Road) [字]

イントロダクション



現代医療の問題点や腐敗に切り込む野心的な内容が話題を呼んでいる、注目の医療ドラマ。ジョージア州アトランタにある有名総合病院“チャステイン・パーク記念病院”を舞台に、利益を優先して隠蔽や不正を繰り返す上層部と、現場で命と向き合う若き研修医の奮闘を描く。医療とは“正義”なのか“ビジネス”なのか…。型破りな天才研修医コンラッドが、金と欲にまみれた病院上層部に立ち向かう。コンラッドとニックに無事に娘が誕生し、幸せな新生活が始まるかに思えた前シーズンの最終回。その幸せも束の間、今シーズンでは2人に悲劇が訪れる。困難や悲しみの中で家族を想い、仕事への熱意を失わないコンラッドと仲間の医師たちの人生を描くシーズン5。

※アメリカでは2021年9月21日~2022年5月17日に放送。

続きを読む

キャスト

【コンラッド・ホーキンス】マット・ズークリー
【ニコレット・“ニック”・ネヴィン】エミリー・ヴァンキャンプ
【デヴォン・プラヴェシュ】マニシュ・ダヤル
【ランドルフ・ベル】ブルース・グリーンウッド
【AJ・オースティン】マルコム=ジャマル・ワーナー
【キット・ヴォス】ジェーン・リーヴス

幸せなはずのコンラッドとニックに悲劇が…

#3「長く曲がりくねった道」より2
#3「長く曲がりくねった道」より

無事に娘が生まれて幸せに包まれるコンラッドとニック。しかし#3「長く曲がりくねった道」にてニックが交通事故に遭ってしまう。搬送されてからは意識不明のまま、原因もわからず厳しい状態が続くも懸命に治療する医師たちだったが…。ニック役のエミリー・ヴァンキャンプがシーズン5で降板となった。

それぞれが選ぶ道を描く

#5「亡き者への想い」より3
#5「亡き者への想い」より

#5「亡き者への想い」はコンラッドとニックの娘、ジジが産まれて初めてのハロウィンの1日を描く。仲間とのディナーで家族への想いを強めたコンラッドはある決心をする。そして物語は4年半後へ。コンラッドは娘のために病院をやめ、プライベートドクターとして働いていた。

エピソード

  1. エピソード 第1話

    チャステイン・パーク記念病院にサイバー攻撃が仕掛けられた。
    そんな中、チャリティーマラソンに参加していたランナーの列に車が突っ込み、大勢の患者が運び込まれてくる。
    医療機器は誤作動を起こし、データベースにはアクセスできず、ERは大混乱。
    紙のカルテやマニュアルでのバイタル測定など対応に追われる。そして、犯人からは500万ドルの要求が…。
    一方、コンラッドは新米パパとして仕事と育児の両立に奮闘する。

  2. エピソード 第2話

    病院内のエレベーターで、一人の医師が意識不明の状態で見つかった。
    検査結果や彼の症状、持ち物などからコンラッドたちはある治療方法を導き出す。
    そして、前日の彼の足取りを追い、その原因を究明することに。
    一方、薬物の過剰摂取でERに運ばれてきた大学生の治療を担当したビリーは、長年隠してきた秘密と向き合い、葛藤することになる。

  3. エピソード 第3話

    チャステイン・パーク記念病院のERに一人の患者が緊急搬送されてきた。
    彼女は非常に危険な状態で、患者の名前を聞いた病院スタッフたちは屋上のヘリポートへ駆けつける。
    医師たちは、いかにして最善の治療を進めるかを考え、現実を突きつけられる。そして、スタッフたちはあらゆる判断に疑問を持ち始める。
    一方、オースティンとリーラはコロナの後遺症を抱えた患者の治療に当たる。

  4. エピソード 第4話

    家族に起こった事故の真相を究明することに全力を注ぐコンラッド。デヴォンは、そんな彼を心配していた。
    一方、車のテールランプが切れていると警官に呼び止められたオースティン。同乗していたトレバーが警官に悪態をついたことが発端で予想外の展開に…。
    リーラは、ベルの指導教官だった外科医の問題に気づき始める。

  5. エピソード 第5話

    ハロウィーンのお祭りムードの中、気を紛らわすために休日も出勤するコンラッド。そんな中、錯乱状態の女性たちが運ばれてくる。
    コンラッドが治療に当たった女性は、亡くした者とつながれる、魔女の新年”サウィン祭”の準備をしていたという。
    デヴォンが担当した患者は、家にいる悪霊に取り憑かれていると思い込んでいた。
    一方、休暇から戻る途中のベルはヒッチハイク中の男を乗せるが、彼は見た目とは違う人物だった。

  6. エピソード 第6話

    MMAバンタム級タイトル戦の計量会場で乱闘騒ぎとなり、有名な格闘家が運ばれてくる。彼女の容体は深刻だった。
    手を怪我していた男をチャステイン・パーク記念病院に連れていくコンラッド。ガンを患っているその男は、テレビでガンに効くという薬のCMを見て、病院内を探し回り…。
    一方、ヘイズが退職した後、外科部長を継ぎたいベルはオースティンと争うことになる。

  7. エピソード 第7話

    新たなインターンを迎えたチャステイン・パーク記念病院。その中には、ビリーの息子トレバーもいた。
    ERでの研修が始まるが、自信過剰なトレバーは度々デヴォンと衝突する。
    一方、娘ジジとの生活を最優先するコンラッドに、キットとベルは病院に戻るよう説得。
    そんな中、オースティンの母親が体調を崩し再び病院へ。

  8. エピソード 第8話

    ベルとオースティンの技術向上のため、キットは手術のコーチを雇うことに。
    一方、高齢男性の担当になったデヴォンは、夫を介護をしている妻のことを心配し、ソーシャルワーカーを紹介。
    妻の負担を軽減するため、何とか夫が入院できる方法はないか模索する。
    病院に復帰したコンラッドは、看護師の女性たちから注目され…。

  9. エピソード 第9話

    車5台が衝突する事故が発生し、大勢の負傷者が運ばれてくる。
    バイクで急に道に突っ込んできたという男性を診察するコンラッドとトレバー。男性は軽傷だったものの、心臓に疾患があることが分かったため、最善の治療方法を提案するが…。
    一方、リーラは手術をすべきか迷う漫画家の女性の対応に追われる。
    休日を返上して働くデヴォン、そしてキットはやるべきことが山積みで多忙を極めていた。

  10. エピソード 第10話

    航空派遣チームが新設され、ドクターヘリで現場へ送り出されたコンラッド。
    バスと乗用車の衝突事故現場では、腹部に金属が貫通した1人がバスに取り残されたままだった。
    そして、その1人を助け出そうとした時、コンラッドはバスの中に取り残されている別の人物を発見。漏れたガソリンへ引火する危険が迫る中、コンラッドは…。
    一方、デヴォンは原因不明の発熱が続く患者を、トレバーと一緒に診ることになる。

  11. エピソード 第11話

    チャステイン・パーク記念病院にサリヴァンがやって来て1週間あまりが過ぎた。
    そんな中、エアロバイク中に失神した女性がERに運び込まれてくる。
    心臓移植経験のある女性のカルテを見たオースティンはコンラッドを呼ぶ。
    一方、秘密裏にコンラッドに不調の原因を調べてもらっていたベルは衝撃的な検査結果に直面し…。
    オースティンから自分の母親を臨床試験に加えて欲しいと頼まれたデヴォンは大きなジレンマを抱える。

  12. エピソード 第12話

    雨が降る中、一人で道端にいたという迷子の少女がチャステインに連れて来られた。
    少女は一言も喋らず、コンラッドとケイドは彼女の症状を手がかりに、真相を探っていく。
    一方、リーラとスニーカーを買いに行ったデヴォンは、店で呼吸困難の女性に遭遇し、渋る女性を説得し病院へ連れていく。
    そして、州医事局に空席があることを知ったベルは立候補することに。

  13. エピソード 第13話

    ジェシカの妹スカーレットが開いた性別発表パーティーに招かれたリーラ。派手な演出で会場は盛り上がったが、発表の瞬間、悲劇が起こる。
    コンラッド、アーヴィング、トレバーは、美容整形手術で命の危険にあるインフルエンサーを治療する。
    ベルはコンラッドの説得もあり手術に復帰、ビリーは自分の過去と向き合う。

  14. エピソード 第14話

    ビリーへの誹謗中傷がSNSで拡散され、チャステイン内で噂と論争の的になる。
    批判を避けたい上層部は、状況が収まるまで一時的にキットをCEOから解任することに。
    コンラッドたちは、ビルの窓を清掃中にロープが切れ長時間宙づりとなっていた清掃員の治療にあたる。
    そして、病院では看護師不足が深刻化していた。

  15. エピソード 第15話

    臨床が始まり、デヴォンは最初の患者に画期的な治療方法を試すが、計画通りにいかない。
    一方、チャステインに運び込まれた薬物過剰摂取者の鞄の中から、コンラッドの名前が書かれた薬が見つかる。
    自分の名前と番号を盗用された疑いがあったため、コンラッドはFBIに相談することに。
    そのことがきっかけで、ケイドの過去が明らかになる。

  16. エピソード 第16話

    アパートの6階から転落した女性がERに運ばれてくる。
    治療にあたるデヴォンに、患者はバルコニーで植物を吊るそうとした時にバランスを崩したと説明したが、彼女には数回の自殺未遂歴があった。
    旧友のアーロン牧師から胸に痛みがあると相談を受けたコンラッドとオースティン。
    アーロンはあるクリニックの勧めで心臓にステントを入れる手術を受けていた…。

  17. エピソード 第17話

    腹痛に苦しむ娘ジジのクラスメート、ピーターを治療するコンラッド。
    母親が家を出ていってから分離不安症になったというが、ジジの話がヒントとなり、深刻な病状が発覚する。
    デヴォンはベルやキットとともに、研修医たちを連れて老人ホームを訪れる。そこにはキットの恩師の元医師が暮らしていたが、訪問中に彼の妻が気を失って突然倒れてしまう。

  18. エピソード 第18話

    コンラッドの名前で偽造された処方箋により、若い男性が薬の過剰摂取でERに運ばれてくる。
    その薬が以前と同じ薬局から出されたものだったことから、その薬局へ向かうコンラッド。
    応対した女性が奥にファイルを取りに行くと、怪しい男の姿が…。
    女性を待つコンラッドの元に大規模な事故が発生したと連絡が入ったため、彼はその場を離れて現場へ急行する。

  19. エピソード 第19話

    オースティンは休暇を取り、ホスピスケアを受ける母親に付き添うことに。
    ERにはキャンプ中に足をケガしたという男性が運ばれてくる。だが容態が急変し、彼の症状や行動からその原因を探るコンラッドとデヴォン。診断の結果は非常に稀で治療が困難なものだった…。
    一方、医療過誤の実態を明るみに出そうと医事局に働きかけたベル。その行動は、大きな波風を立てることに。

  20. エピソード 第20話

    コンラッドの担当患者から、処方箋詐欺の手がかりが掴めそうになる。
    しかし、治療も急がれるため、コンラッドとケイドはまずは治療して信用を得てから詐欺の件を聞き出そうとする。
    一方、デヴォンとの会話を避けるため、休みなく働くリーラは、手術中にミスを犯してしまう。子どもを望むパドマに精子を提供することにしたオースティン。
    だが、2人の間に意見の相違が…。キットとベルも大きな決断をする。

  21. エピソード 第21話

    病院の建物の外で一人の医師が撃たれた…。
    ERは封鎖され、コンラッドたちは仲間を助けようと懸命に処置をする。
    しかし患者に適合する血液がなく、ベルたちは出血を最小限にするために手術をすることに。
    デヴォンとオースティンはワクチン接種を拒み、肺移植を受けられない患者の対応にあたる。

  22. エピソード 第22話

    骨がもろくなる骨形成不全症の少年が自転車で転倒し、ERへ運ばれてくる。
    オースティンたちは手術を勧めるが、母親はリスクを恐れて躊躇する。
    そんな中、有名な小児外科医であるケイドの父親イアンをチャステインに呼びたいと考えたキッドが、彼に病院内を案内していると…。
    一方、進めていた臨床試験を見事成功させたデヴォンは、今後のキャリアについて大きな決断を迫られる。

  23. エピソード 第23話

    呼吸が苦しそうな妊婦が、夫に連れられて病院へやって来る。
    デヴォンとオースティンは子どもを諦めたくない夫に、非常に難しいが2人を助ける方法があると話す。
    一方、衝撃的な診断に直面したケイドの父親イアンは、チャステインの医師たちを頼りにすることに。
    そして、コンラッドはニックと過ごした特別な夜を思い、自分の将来を考える。

シーズン