Loading...
Loading...

BULL 法廷を操る男 シーズン2

BULL 法廷を操る男 シーズン2

放送予定

2024/07/20 (土) 04:00
第9話 負けず嫌いの感謝祭 (原題: Thanksgiving) [二]
2024/07/20 (土) 05:00
第10話 9歳のクリスマス (原題: Home for the Holidays) [二]
2024/07/27 (土) 04:00
第11話 生き抜く術 (原題: Survival Instincts) [二]
2024/07/27 (土) 05:00
第12話 罪深き心理学者 (原題: Grey Areas) [二]

イントロダクション

史上最も成功したといわれる裁判コンサルタントのフィル・マグロー博士の初期のキャリアに着想を得て制作された本作は、『NCIS』のマイケル・ウェザリーが訴訟コンサルタントの主人公、ジェイソン・ブル博士を演じる新感覚の法廷ドラマ。3つの博士号をもつ主人公のブルと、彼が立ち上げた裁判コンサルタント会社Trial Analysis Corporation(TAC)の優秀な専門家チームが心理学、人間の直感、ハイテクデータを駆使し、陪審員、弁護士、証人、被告人の心をつかみ次々と裁判に勝利していく。どんなクライアントであっても裁判を勝利に導くために、AIを駆使して選出した「疑似陪審員」で行われる模擬裁判で綿密な作戦を練り、裁判中にも移りかわる形勢をモニターしながら次々と繰り出す一手で勝利へと進んでいく展開が痛快。

順調に裁判に勝利していくTACだったが、プライベートや忙しすぎる仕事をきっかけに困難に直面していく。法廷では変わらず難しい依頼をこなしながら、メンバーたちは乗り切っていくことができるか…。

続きを読む

キャスト

【Dr. ジェイソン・ブル】マイケル・ウェザリー(東地宏樹)
【ベニー・コロン】フレディ・ロドリゲス(古谷徹)
【マリッサ・モーガン】ジェニーヴァ・カー(竹内順子)
【チャンク・パーマー】クリストファー・ジャクソン(西村太佑)
【ダニー・ジェームズ】ジェイミー・リー・カーシュナー(長尾歩)
【ケイブル・マックロリー】アナベル・アタナシオ(近藤唯)

見どころ

image-2

ブルのライバルにあのゲストスターが登場!

#8「天才VS天才」
TACの元社員でケイブルの元恋人であるサイモンが飛び降り自殺をしてしまう。彼の突然の行動に疑問をもったケイブルはサイモンが製薬会社が行った新薬の治験者だったことを突き止め、彼の両親とともにブルの協力を得て訴訟を起こすことに。その法廷で戦う相手は、ブルと同じ裁判科学者だった…。ブルと対決する裁判科学者、アルティ・キャンダー役に『グッド・ワイフ』(2009~2016年)のカリンダ役でお馴染みのアーチー・パンジャビが登場。それぞれの異なる法廷戦略に注目!

写真は#22「法廷に死す(後編)」より3
写真は#22「法廷に死す(後編)」より

ブルは人命をかけた法廷を制することができるのか

#21「法廷に死す(前編)」・#22「法廷に死す(後編)」
シーズン2の最後は2話構成のエピソードをお届け。酒に酔ったブルは自動販売機を壊し逮捕されてしまう。留置所で同室になった優しい男は殺人の容疑をかけられていたが、ブルは犯人だと思えず…。ストレスから酒に頼るようになってしまったブル。チームメンバーとも摩擦が生まれ心身共に不調のなか、死刑をかけたこの法廷を制することができるのか?

エピソード

  1. エピソード 第1話

    大富豪の夫を殺害したカーラ・クレイトンは、裁判で正当防衛を主張する。
    ブルは地区検事局のサポートを引き受けるが、その未亡人を弁護するのが、ブルとは付かず離れずの恋人ダイアナ・リンジーであると知り、ダイアナとの対決に緊張感を高める。
    一方、チャンクは将来についてある決断をする。

  2. エピソード 第2話

    神経膠腫を患う恋人の自殺を手伝った青年アダム・ハリスが殺人罪に問われる。
    偶然、法廷でアダムを見かけたブルは、彼を放っておけず、保釈手続きを手伝うことに。
    ブルは弁護を引き受けるが、その決断はベニーの宗教的信念に反するものだった。

  3. エピソード 第3話

    大学の学生サークルの歓迎会で恒例となっている“しごき”の最中、1人の新入りが誤って溺死する。
    ブルは地区検事局のサポートを引き受け、現場にいた学生たちを起訴させるものの、彼らが結託して口裏を合わせたため、苦戦を強いられる。

  4. エピソード 第4話

    ハリウッド女優アマヤから、エチオピアから迎えた養子の親権問題で相談を受けたブル。
    しかし、その助言が裏目に出たことにより、ブルはアマヤから訴えられてしまい、風変りな弁護士を自らの代理人として雇うことに。

  5. エピソード 第5話

    ナワクワ居留地でカジノの警備員パットが殺害され、彼の幼なじみであるマックが殺人の容疑で逮捕される。
    事件当日、マックはカジノで酔って騒いだことが原因でパットに出入り禁止を命じられていた。無実を訴えるマックは、大学時代のルームメイトだったブルにサポートを依頼することに。
    一方、マリッサはブルに新しい恋人を紹介する。

  6. エピソード 第6話

    ブルは高校時代に付き合っていた女性、アリソンを助けるという個人的な理由で、ある小さな町を訪れる。
    アリソンはそこで、水質汚染によって住民に健康被害をもたらしたと思われる地元の製造会社を訴えていた。

  7. ブルは、ある女性教師の弁護を務める教員組合のサポートを頼まれる。
    その女性教師は、重要なテストで、ある貧困家庭の生徒を不正に合格させたとして起訴されていたが、実は、より大きなテスト改ざん事件のスケープゴートにされた可能性があった。

  8. エピソード 第8話

    新薬の治験に参加していたTACの元従業員が自殺した。
    ブルは、製薬会社を訴えるという元従業員の両親をサポートすることになるが、製薬会社が手配した裁判科学の専門家、アルティ・キャンダーの登場により、難しい闘いを強いられる。

  9. エピソード 第9話

    ブルは感謝祭の連休を家族と過ごしてもらおうと、チームの面々に休暇を取らせるが、その結果、殺人罪に問われたボクサーの弁護を1人で手伝うことになる。
    一方チャンクは、家族と過ごす感謝祭のディナーで、私生活における重大な決断をする。マリッサは恋人のカイルが強盗に遭ったことをきっかけに、感謝祭の予定を突然キャンセルせざるを得なくなる。

  10. エピソード 第10話

    クリスマスが近づく中、ブルのもとに“親と縁を切りたい”という9歳の少女チャーリーが訪ねてくる。
    彼女を家に送り届けるが、翌日、裁判官にチャーリーの状況を相談したブルは、彼女の一時的な未成年後見人に任命されてしまう。
    マリッサは、恋人のカイルに関する気がかりな情報を入手する。

  11. エピソード 第11話

    1年半前、年上の男ライアンと行方をくらました10代のジェマ・ウィットベックが、ライアンと宝石強盗を働いたとして逮捕される。
    ジェマのサポートを引き受けたブルは、ジェマがその男に誘拐されて虐待を受け、犯行を強要されたと主張しようと、ジェマとライアンを引き離そうとする。

  12. エピソード 第12話

    臨床心理学者のドノヴァン・ベナンティ博士は、カウンセリングしていた患者が殺人事件を起こしたことから、事前に通報の義務を怠ったとして遺族である妻たちに訴えられる。
    友人としてサポートを引き受けたブルは、ドノヴァンに直接的な責任はなかったと陪審に納得させようとするが…。

  13. エピソード 第13話

    資産家のジェレミー・レキシントンが射殺された。
    第一容疑者として逮捕されたのは、妻のレベッカ。傲慢なセレブ妻と噂されていたが、レベッカが本当は良き妻で母であり、そして銃を所持していないことを知ったブルは、サポートを引き受けることに。
    そんな中、レキシントン家を長年取材している作家ケンドールが、レベッカの無実を示す情報があると言い出す。

  14. エピソード 第14話

    航空管制システムがハッキングされ、航空機のニアミス事故が発生。一人のハッカーが管制システムに侵入したとしてFBIに逮捕される。
    ブルは連邦検事局のサポートを引き受けるが、その被告人が友人の夫だと知ったケイブルは、法を犯すリスク、さらにはブルに逆らうリスクを冒し、彼の無実を証明しようとする。

  15. エピソード 第15話

    地区検事局は、警察官を殺害した悪名高き麻薬の売人ヘイゼル・ディアスを有罪にするため、ブルを雇う。
    ヘイゼルは長年、統合失調症のふりをして責任能力がないと主張し、実刑を免れていた。
    鑑定の結果、ブルはヘイゼルの詐病を見抜き、責任能力はあると法廷で証言し、ヘイゼルは裁判にかけられることになる。

  16. ブルは、9年前に殺人罪で有罪となったクライアントの再審請求をすることに。
    当時、有罪の決め手となったのは、DNAと自白と歯形だった。しかし近年、歯形が証拠として採用されなくなっていたためだ。ダニーはケイブルが不在であることに不満を漏らす。

  17. エピソード 第17話

    ジャーナリストのクロエが、出会い系アプリの開発会社に不法侵入したとして逮捕された。
    クロエに恩のあるチャンクの娘アナの頼みで、ブルはコンサルを引き受けることに。
    クロエはもみ消された性的暴行事件に関する暴露記事を書くためにデータを盗んだはすだったが、なぜか盗んだのが企業秘密にあたるデータだったため、それを売って利益を得るのが目的だったと主張され、窮地に追い込まれる。

  18. エピソード 第18話

    バージニア州の医師が、同州では使用が禁止されている大麻由来のオイルを、患者の治療に使うために州境を越えて購入したことで罪に問われる。
    ブルは医師のサポートを引き受けるが、連邦検事補のシルヴィア・バナーが、販売目的での所持とみなして逮捕させたため、厳しい闘いを強いられる。

  19. エピソード 第19話

    18年前の強盗殺人事件の被疑者「ジョージ・ブラウン」であるとして逮捕、起訴されたジム・グレイソン。
    当時ジョージが強盗については何も知らず、兄が強盗殺人を犯した際に車の運転をしていたために、共犯と見なされて逃げたことを知ったブルは、何年も真面目に生きてきたことで過去の悪事はすでに清算されていると陪審に納得させようとする。

  20. エピソード 第20話

    ブルは旧友の頼みで、夫から暴力を振るわれていた女性の弁護を手伝うことになる。
    女性は、就寝中の夫を撃ち殺したことで殺人罪に問われていたが、ブルは陪審に対し、それは彼女自身とお腹の子の命を守るためだったと説明し、無罪を主張する。

  21. 発話障害者のエリオット・マイルズが放火殺人の罪に問われる。
    ブルはエリオットのサポートを引き受けるが、勝ち目がなさそうなうえ、有罪になれば死刑になる案件だけにチームは自分たちでは力不足なのではないかと不安に駆られる。
    また、ブルは元妻が再婚すると知って驚く。

  22. エピソード 第22話

    ブルのチームは、エリオット・マイルズに殺人罪で有罪が言い渡されたことに動揺する。そして続く量刑判断では、何としても死刑だけは避けなければならないと奮起する。
    その後、エリオットの無実を証明しうる新証拠が出てくるものの、ブルはそれを法廷侮辱罪に問われないで提示する方法を考えなければならなかった。
    マリッサはブルとの関係性について辛い真実に直面する。

シーズン