セックス・アンド・ザ・シティ シーズン1 セックス・アンド・ザ・シティ シーズン1

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン1

STORY

本国アメリカを筆頭に、社会現象までも巻き起こした本作は、コラムニストのキャリー、弁護士のミランダ、PR会社の社長サマンサ、アート・ギャラリーのディーラーを務めるシャーロットという、ニューヨークに暮らす30代の独身女性4人の生活をコミカルタッチで描いた物語だ。もちろん、この作品の虜になった大半が女性! 彼女たちが赤裸々に語る恋愛やセックス、仕事の悩みなどに対し、女性だからこそ共感でき、「わかる、わかる~」と納得できる点がとにかく多いから。そんな好感度大の彼女たちは、仕事もプライベートも常に全力。キラキラと輝きながら生きている姿を前に、見ている側の気持ちは自然と前向きになれるだろう。また、人気スタイリスト、パトリシア・フィールドが手がけた衣装を身に着けたキャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーが、ファッションアイコンとして注目されるなど、劇中のファッションはやっぱり注目してほしいポイント。隅から隅まで楽しんでほしい。

CAST

【キャリー】サラ・ジェシカ・パーカー/永島由子
【サマンサ】キム・キャトラル/勝生真沙子
【シャーロット】クリスティン・デーヴィス/松谷彼哉
【ミランダ】シンシア・ニクソン/渡辺美佐

CAST

  • キャリー・ブラッドショー

    キャリー・ブラッドショー
    サラ・ジェシカ・パーカー

    1965年3月25日、アメリカ生まれ。子どものころから歌とバレエを学び、8歳でテレビに初出演。11歳でブロードウェイに立つ。元々注目を集めていたが、本作で人気を決定的なものに。香水やファッションのブランドを立ち上げるなど、女優業以外でも積極的に活動している。

  • シャーロット・ヨーク

    シャーロット・ヨーク
    クリスティン・デーヴィス

    1965年2月23日、アメリカ生まれ。映画やテレビシリーズでの端役を経て、人気恋愛ドラマ『メルローズ・プレイス』でレギュラーをゲット。本作に出演したことで大ブレイク、世界的な女優となった。アニメ『Miss Spider's Sunny Patch Friends』では、主人公の声を担当している。

  • ミランダ・ホップス

    ミランダ・ホップス
    シンシア・ニクソン

    1966年4月9日、アメリカ生まれ。14歳のときに『リトル・ダーリング』に出演して映画デビューを飾ったのち、ブロードウェイやオフブロードウェイで多くの舞台に立つ。売れてからもコンスタントに舞台に出演し、演技派の実力を見せつけている。主な代表作は『ペリカン文書』『アダムス・ファミリー2』など。

  • キム・ジソク

    サマンサ・ジョーンズ
    キム・キャトラル

    1956年8月21日、イギリス生まれ。ロンドンの演劇学校を卒業したのち、ニューヨークのアメリカ演劇アカデミーで学ぶ。アカデミー在学中の1975年に映画デビューして以降、『ポリスアカデミー』や『ゴースト・ハンターズ』など数多くの作品に出演。引き出しの多い女優として知られる。

相関図

相関図

EPISODE

毎週月曜~金曜深夜1:54AM~深夜3:00AM
2/10(月) EP1 NYセックス事情
キャリー・ブラッドショーは、セックスに関する鋭い考察で人気の女性コラムニスト。彼女は、自分自身と親友の30代独身キャリアウーマン--弁護士のミランダ、アートギャラリーのディーラーのシャーロット、PR会社の重役サマンサ--の日常を観察対象に、都会で生きる男女のセックスの本音を追求していく。
EP2 モデルにハマる男たち
流行の最先端をいくニューヨークは、街中にモデル風の美女がいっぱい。モデルおたくの男とデートしたミランダは、ある屈辱的な体験を味わう。それを聞いたキャリーも、モデルのように「完璧じゃない」自分の容姿にコンプレックスを抱いて惨めな気分に。そしてコラムの取材で、「ヴォーグのモデルの半数以上と寝た」と豪語し、その模様をビデオで記録している究極のモデルおたくと知り合う。
2/11(火) EP3 シングルでなぜ悪い!?
古くからの友人、ピーターの家に泊まったキャリーは、偶然にも下半身丸だしのピーターとバッタリ。それを聞いた途端、彼の妻はキャリーに冷たい態度を取る。一方ミランダは、レズと勘違いされてからというもの、急に上司の覚えがめでたくなり複雑な気分に。なぜ女は結婚すると独身女を敵視するようになるのか?30歳を過ぎても独身の女は社会的に信用されないのか?
EP4 20代の男との情事
偶然のいたずらに後押しされて、キャリーは「完璧な大人の男」ミスター・ビッグと急接近。しかし四十男の心理はクロスワードパズルみたいに複雑で、キャリーにはビッグの本心が今イチつかめない。そこで彼女はキュートな20代の男と付き合い始める。年下男の若々しい肉体の魅力に、キャリーはドラッグのようにハマりかけるが…。
2/12(水) EP5 女の魅力こそが武器
ある日キャリーはアマリータとばったり再会する。アマリータは女の魅力を武器に豪華な生活を手に入れたパーティーガールだ。彼女からセクシーなフランス人男性を紹介されたキャリーは、彼と情熱的な一夜を過ごす。だが翌朝目覚めると、そこには男の替わりに1000ドルの現金が。いきなり自分の"値段"を知らされたキャリーは複雑な気分になる。
EP6 秘密の関係
相性がぴったりで不倫関係でもないのに、ある理由で交際を秘密にしている男女がいる。あけっぴろげなサマンサは別として、ルックス以外は完璧な恋人を見つけた旧友のマイク、ラビとの情事に夢中なシャーロットもその口だ。ビッグと付き合うようになったキャリーは、自分も彼の「秘密の恋人」にすぎないのでは?という疑念にかられる。
2/13(木) EP7 一夫一婦制の現実
ビッグとのアツい関係ですっかりハイになったキャリーは、親友たちに付き合いの悪さを皮肉られる。だがそんな浮かれ気分も、ビッグがほかの女とのデートしている現場を目撃して一気に急降下。彼は二人の関係をどのように考えているのか?それとも、ニューヨークみたいな奔放な街で一夫一婦制を期待するのはまちがってるの?
EP8 3人でエクスタシー
3Pはセックスの新しいトレンドなのか?サマンサはもちろん体験済みだが、シャーロットは恋人から要求されて困惑してしまう。そしてなんと、ビッグも離婚した妻と3Pを経験していた。キャリーは3P告白よりも、初めて聞く彼が結婚していた事実に驚かされる。どんな女性か気になった彼女は、さりげなく元妻との接触を図るが…。
2/14(金) EP9 マンハッタンの結婚観
ゴージャスな友人ブルックが選んだ結婚相手は、意外にも平凡な男だった。無限の可能性に満ちたマンハッタンで、手軽な相手で妥協するなんてことがありえるのか?サマンサはそんな「手軽な男」を自分好みに改造しようと四苦八苦する。そのころシャーロットは、イカせ上手で便利な恋人"ザ・ラビッド"に夢中になっていた。
EP10 回数は恋のバロメーター
ミランダは3ヶ月の"男日照り"でイライラ気味。禁欲主義者のヨガ教師に惚れ込んだサマンサも欲求不満で爆発寸前だ。新しい恋人とのロマンチックな関係を楽しんでいたシャーロットは、彼の秘密を知らされ愕然とする。そんな中、いい関係を続けていたキャリーとビッグの間にも、ちょっとした"事件"をきっかけにセックスレスの危機が…。
2/17(月) EP11 母親は究極のカルト
4人のもとに昔の友人レイニーから、臨月のお祝いパーティの招待状が届く。かつての爆弾娘レイニーが母親になると知り4人は驚くが、会場に着いた瞬間に驚きはショックに変わった。集まっていたのは、子供のために"自分"を捨てた母親ばかり。折り悪く生理が遅れていたキャリーは、自分は母親に向いてないのでは?と不安に陥る。
EP12 愛と信仰の新しいカタチ
ミランダの新恋人は「セックスは罪悪」と信じるガチガチのカトリック教徒だった。そのころ「運命の男性」に出会ったサマンサは、それまでの快楽信仰から一変して真剣に結婚を考え始める。そしてキャリーは、母親と教会を訪れるビッグの姿を偶然目撃。知り尽くしたはずの男にまだ未知の面があると気づいた彼女は、いいしれぬショックを受ける。
Check IT GIRL Drama! イット・ガール ドラマを見なくちゃ春ははじまらない!「マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜」の情報をもっと知りたい!特設サイトはこちら
  • ツムツム 詳しくはこちら

特設ページ

  • おかげさまで開局5周年!
  •  Dlife AMBASSADOR PROGRAM ディーライフ アンバサダープログラム
  •  Dlife開局5周年スペシャル 海外ドラマ SO!選挙
  • 5週連続放送!東京ディズニーシー® 15周年特番 放送記念 ディズニー映画特集
  • 読むとドラマが もっと楽しくなる! 海ドラコラム
  • 今月1話から見ることができるシリーズ

What's New

2017.2.22
【速報!4月放送開始の新シーズン・ドラマ】
「NCIS: LA ~極秘潜入捜査班~ シーズン3」、「X-ファイル シーズン9」、「CSI: マイアミ シーズン6」、「メンタリスト シーズン3」が登場!放送日は後日サイトにてお知らせします。

詳しくはこちら

Dlife公式アカウント

新番組などの情報を素早Catch!

Information

  • 視聴方法はこちらから
  • 放送障害・休止、番組変更のお知らせ
※番組内容および放送時間は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

PR